上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
  picnic7.jpg

もう何週間か前になりますが、よく晴れた週末、ピクニックをしました♪
日差しが強すぎて帰ってから具合が悪くなりましたが(汗)、青空の下で食べるお弁当はやっぱり美味しい~!


picnic1.jpgpicnic5.jpg
picnic3.jpgpicnic2.jpg

唐揚げ弁当に、その日マルシェで買ったばかりの新鮮野菜を詰めて♪


picnic4.jpgpicnic6.jpg

陽気になり始めたばかりの頃だったので、家族連れや友達同士のグループで公園は大賑わいでした。

フランス式の時間の過ごし方。
日曜はこうして家族と過ごす時間。公園へ出掛ける時間。お昼ご飯にご馳走をたらふく食べて、午後はみんなでゆっくりお散歩する時間。
このリズムに慣れると、日本のように日曜にお店が開いてなくても気にならなくなってしまいます^^
スポンサーサイト
2011.05.04 Wed l フランス日記[la vie en France] l コメント (2) トラックバック (0) l top
c0186684_19251215-2.jpg




この日の為に、日本人会スタッフ、ボランティアスタッフは本当に寝る暇もなく働いて来ました。

本当に大きなイベントです。VIPな方々もたくさんいらっしゃる。
今朝は緊張でお腹の調子が、、、。><

決戦は今夜!!
頑張ってきます♪
2011.04.22 Fri l フランス日記[la vie en France] l コメント (4) トラックバック (0) l top
先日アパートに張り紙と一緒に付けた折鶴、数時間後にあっとゆー間に盗まれたりして。。
「こんなの付けて盗まれるのがオチだよ」と彼に言われていたけど、その事の速さになんだか苦笑い。さすがフランス。。

さて、気を取り直して。

昨日リヨンで行われたキャンドルナイト。
亡くなられた方達への追悼の意と、被災者への支援の心を届けようという目的で急遽決定したらしいこの行進に、私たちも参加してきました。


     2011-03-20lyon6.jpg

市内の大きな公園の正門前で、ぞくぞくとキャンドルを手に集まる人々。
日本人とフランス人、半々か、それともフランス人の方が多少多かったかも。というのが印象的でした。
フランスのニュースを見つつも日本からの詳しい情報を見てある意味冷静な日本人だけど、反面フランス人は繰り返し流される悲惨な映像に胸を痛め、心から心配してくれているんだと思います。


   2011-03-20lyon1.jpg

中心街の大きな広場を目指し、一時間ほど行進。


   2011-03-20lyon2.jpg

先頭には日本の国旗。
急に決まったイベントなのに、ちゃんとフランス人警察がところどころで出動して交通整理なんかをしてくれていて、オーガナイズぶりに感心。
それとも、デモ行進の多い国だから色々と慣れてるのかな~、、?笑


       2011-03-20lyon5.jpg

広場に着いて、しばしの記念撮影・・。
その時間がちょっと長くて、誰かが『ふるさと』を歌い始め、それが合唱に…。
なんとも物悲しく、そして暖かく響きました。


2011-03-20lyon4.jpg

その後1分間の黙祷、最後に寄せ書きをして、募金を呼びかけて解散。
日本がんばれ!と書いている最中なのはフランス人の女の子です。

リヨン日本人会では、これからチャリティーコンサートやその他色々、続々とイベントを企画されているそうです。
パリの次に日本人の多い(はず)の街なんだもの、出来る事はたっくさんあるはず。
頑張れ~!そして頑張ろう^^
2011.03.21 Mon l フランス日記[la vie en France] l コメント (4) トラックバック (0) l top
   2011-03-18(1-1).jpg


ただテレビやネットのニュースを見ては、涙を流しているだけの日々はもう嫌。
そう思って、昨日から自分でも出来る事を模索し、やみくもに実行しています。


日本人会に「チャリティーバザーや街頭募金活動など、みんなで力を合わせて何かやりませんか?」とメールで提案したところ、既に準備中とのこと。
人手不足だという事で早速事務所に行き、役員の皆さんと鶴をたくさん折って来ました。
近いうちに予定している募金活動の時に、お礼として渡す予定です^^

チャリティーバザーなども準備中らしいのですが、私としては今週末を逃したのは残念だったなぁ。。
こういう事ってタイミングがあると思うし。
でも事務局の皆さん、義援金がきっと予想以上に集まって手が回らないといった感じ。
大変でしょうが、ここは是非頑張って欲しいものです。
(じゃないと協力したいと思っている日本人が協力出来ず終いになってしまうので。。)

鶴も自宅へ持ち帰ってこつこつ作ってます。
そして、日本人会で呼びかけている義援金のビラ、今日の午後、一人でたくさんのレストランを廻って貼ってもらえるように頼んで来ました!!

日本人経営のレストランは、もう募金箱を置いているので。。と断られたりしましたが、フランス人のお店に行くと、みんな涙が出るほど暖かい対応をしてくださって本当に嬉しかった。
ありがとう。ありがとう。。


そして、住んでいるアパートにも張り紙しました!

2011-03-18(1).jpg

ブレててすみません。。


2011-03-18(2).jpg

質問があればどうぞ。のメッセージを添えて。^^
ついでに折鶴も添えて(笑)。


自己満足かもしれないけど、それでも、こうして闇雲に歩き回れた事は嬉しかった。
どれほどの役に立つかは分からなくても。それでも、やっていこう。
2011.03.19 Sat l フランス日記[la vie en France] l コメント (2) トラックバック (0) l top
それしか出来ないけれど、祈っています。
少しでも早く被災者が落ち着いて暮らせる日が来ることを。
はぐれたご家族を見つけられる事を。
そして亡くなられた方々の魂が、どうか安らいで眠りにつく事が出来る事を。


フランスでも、地震発生時から毎日、一日中、この地震の被害を伝え続けています。
画面から何度も流される津波の映像。言葉を失う惨状。
こんな事が、本当に起きてしまっただなんて。
涙があふれてきます。

反面、「日本人の不屈の精神」をアメリカ紙が賛美した記事を載せたらしいですが、
外から見た日本は確かに、こんな時でも頭を下げ合い、感情をあらわにせず、皆ただじっとこの状況に耐えていて、同じ日本人の私でも驚きというか、印象的に映りました。胸を締め付けられました。


避難所では、一日一食になるとのこと。。
もうすぐ、もうすぐ支援のヘリコプターが物資を運んでくれるはず。
頑張ってなんて、金曜のあの時から頑張り続けている人たちに言っていいのか分からないけれど、、祈っています。早く、早く助けの手が行き届く事を。



今朝のフランスのニュースによると、この地震の影響で、地球の一日が24時間ではなくなってしまったとのこと。
地軸がずれて地球が回る速度が変わった、という事なんだと思うのですが・・
日本列島も2メートル動いたそうで、そんなものすごいパワーが日本ののどかな港町を飲み込んだのだと思うと、、言葉もありません。


家でのんびりお風呂に入り、あたたかい布団で眠れる事、不自由なく食べられて、家族がみんな元気でいること。
こんなかけがえのない事に感謝する気持ちを、改めて感じました。

私の彼のお母さんが、日本に募金したいと言ってくれました。
嬉しかった。
私もここで出来る事、少ないけれど、何かしなくてはと思います。

亡くなられた方々のご冥福を、心からお祈り申し上げます。
2011.03.14 Mon l フランス日記[la vie en France] l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。