上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日アパートに張り紙と一緒に付けた折鶴、数時間後にあっとゆー間に盗まれたりして。。
「こんなの付けて盗まれるのがオチだよ」と彼に言われていたけど、その事の速さになんだか苦笑い。さすがフランス。。

さて、気を取り直して。

昨日リヨンで行われたキャンドルナイト。
亡くなられた方達への追悼の意と、被災者への支援の心を届けようという目的で急遽決定したらしいこの行進に、私たちも参加してきました。


     2011-03-20lyon6.jpg

市内の大きな公園の正門前で、ぞくぞくとキャンドルを手に集まる人々。
日本人とフランス人、半々か、それともフランス人の方が多少多かったかも。というのが印象的でした。
フランスのニュースを見つつも日本からの詳しい情報を見てある意味冷静な日本人だけど、反面フランス人は繰り返し流される悲惨な映像に胸を痛め、心から心配してくれているんだと思います。


   2011-03-20lyon1.jpg

中心街の大きな広場を目指し、一時間ほど行進。


   2011-03-20lyon2.jpg

先頭には日本の国旗。
急に決まったイベントなのに、ちゃんとフランス人警察がところどころで出動して交通整理なんかをしてくれていて、オーガナイズぶりに感心。
それとも、デモ行進の多い国だから色々と慣れてるのかな~、、?笑


       2011-03-20lyon5.jpg

広場に着いて、しばしの記念撮影・・。
その時間がちょっと長くて、誰かが『ふるさと』を歌い始め、それが合唱に…。
なんとも物悲しく、そして暖かく響きました。


2011-03-20lyon4.jpg

その後1分間の黙祷、最後に寄せ書きをして、募金を呼びかけて解散。
日本がんばれ!と書いている最中なのはフランス人の女の子です。

リヨン日本人会では、これからチャリティーコンサートやその他色々、続々とイベントを企画されているそうです。
パリの次に日本人の多い(はず)の街なんだもの、出来る事はたっくさんあるはず。
頑張れ~!そして頑張ろう^^
2011.03.21 Mon l フランス日記[la vie en France] l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

No title
あ、このイベント、facebookで見かけて
maybeeちゃんにお知らせしようかな?と
思ってたんだけど、参加してたんだね。^^

そう、今回のことで、フランスの人達が
日本人以上に心配してくれているという
事実に驚きました。。
どうしてそこまで日本のために心配してくれるの?
っていうくらいで…。
ほんとにありがたいです。><
私も日本人として見習わなくてはと思います。
ただ、日本在住のフランス人はとっとと
母国に帰っちゃったりして温度差を感じるんだけど。。(笑)


あ、鶴。盗まれちゃったのね?><
さすがフランス(苦笑)
せっかく作ったのにね~~ ><
でもmaybeeちゃんのしていることは
絶対に無駄にはならないさ!


それとね、別件でPCにメール送りました。
よかったらお暇なときに読んでくださいな。^^
ではでは♪



2011.03.23 Wed l sari. URL l 編集
No title
sariちゃん、

すーーーっごくお返事遅れてしまってごめんね!><
なんかもう今週は、、つ、つ、疲れました。。。
(詳細は元気のある時にメールにて^^ )

あはは~、そうなのよ、鶴ね(苦笑)。
そして海外からだと「想像」する事しか出来ないから・・そういう意味でもすごく心配に拍車がかかるんだろうね。
それでも、こちらの人たちの「相手を想う」見返りの無い純粋な気持ちは本物で、それにはすごくはっとさせられます。
だって、、見ず知らずの人たちの為に、50ユーロ、200ユーロの小切手をそう簡単に切れるだろうか、、と。こういった暖かいお気持ちは、できる限り日本の皆さんに伝わって欲しいな。と思います。

またメールするねん☆
2011.03.30 Wed l maybee. URL l 編集
No title
日本は今本当にすごいことになっているので、外国でこういう風に応援してくださってることを知るととてもありがたいです。
世界中の人が日本に支援の手をさしのべてくださって、、、。
日本も普通に生活できる人たちが一生懸命応援しています。
早く復興できるといいです。
2011.04.04 Mon l merengeai. URL l 編集
No title
izumiさん、

日本は今まで国際社会に対して、いち早く手を差しのべてくれた国だから、と募金をしてくれる人も多いそうです。

>日本も普通に生活できる人たちが一生懸命応援しています。

この事は、遠くに居てもひしひしと伝わってきていますよ。
復興は長い道のりになるだろうけれど、私達も長いスパンでこうして応援していきたいです。

2011.04.26 Tue l maybee. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://maybee22.blog64.fc2.com/tb.php/234-1b049f7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。